ノンタン 刊行45週年記念の原画展が2019年のGWより全国巡回開始

ノンタン 刊行45週年記念の原画展が2019年のGWより全国巡回開始

1976年に最初の絵本『ノンタンぶらんこのせて』が刊行されて、2021年で45周年をむかえるキヨノサチコさんの「ノンタン」シリーズ。シリーズのうちミリオンセラーは10作品以上、累計3,200万部を超える、3世代にわたり愛される人気絵本シリーズです。その記念の年にむけて、2019年のゴールデンウィークから京都高島屋を皮切りに、全国を巡回する原画展「刊行45周年記念 ノンタン絵本の世界展 もっと!ノンタン みんなだいすき!」が開催されます。

巡回会場一覧(予定)

  • 2019年5月18日~6月30日(予定)やかげ郷土美術館
  • 2019年8月7日~8月19日(予定)横浜高島屋

*以降も全国を巡回予定

京都高島屋会場の後、8月に横浜高島屋で開催

初回となる京都高島屋の会場(2019年4月24日〜5月6日)では、原画やラフスケッチの展覧をするほか、書籍や会場限定グッズも販売。絵本が読めるコーナーや、アニメーション上映も。

また、会場限定特典として、会場で税込2000円以上お買い上げのお客様先着1000名様に「ノンタンたいそう1・2・3」のDVDをプレゼント。ノンタンを愛し続けたキヨノサチコさんの熱いメッセージをぜひ会場で感じてください。

アニメーションがYoutubeで600万回以上再生されている、「ノンタンたいそう」が、絵本に

シリーズの新刊『ノンタンたいそう1・2・3』が4月下旬に発売決定しました。新刊『ノンタンたいそう1・2・3』の原案となったのは、『ノンタン・タータンあそび図鑑』にある人気のページ「ノンタンたいそう」。作者のキヨノさんは2008年に逝去されていますが、このページをもとに絵本として再構成しました。

偕成社主催のイベントでノンタンの着ぐるみといっしょに踊ったり、運動会で子どもたちが踊ってくれたりと、あたらしいかたちでノンタンが広まるきっかけとなりました。この反響をうけて、このたび『ノンタン・タータンあそび図鑑』から「ノンタンたいそう」を独立させて、「ノンタンあそぼうよ」シリーズの23巻目として刊行するはこびとなりました。

絵本の見返しにはアニメーション制作の際に作曲したメロディの楽譜もついており、親子で踊ったり歌ったりしながら楽しめる、参加型の絵本になっています。

amazon

人気の記事