気の流れを変える?荒れた気分の時に自分をメンテする方法5選

「自分メンテ」でリフレッシュ

どうにも気分がふさぎ込んでしまう、閉塞感を感じる、あるいは職場や近所での理不尽に怒りの気持ちが吹き荒れている…そんな時に自分をリフレッシュできる方法
ということで、読者の方に投稿してもらっています。

リフレッシュ方法の第三弾は、「自分メンテ」をキーワードにお送りします。

リフレッシュ方法 自分メンテ編 5選

岩盤浴でメンテ

気分がふさいで心がモヤモヤし、何も考えたくない!。そういう時、私は汗をかきまくって老廃物と共に心のモヤモヤまで全てカラダから絞り出してスッキリすることにしています。今ハマっているのは岩盤浴と長風呂。とりあえずカラダの中から老廃物を出すと、気持ちまでリフレッシュできます。

血流と気分は密接につながりがありますよね。汗を出してイヤなことも一緒に流してしまいましょう。

体をメンテ

疲れたな~とか落ち込むことがあった日は、自分のメンテナンスをすることにしています。ゆっくり入浴してヘアパック、お風呂上りにはまず少しお高めの秘蔵のシートパックをしつつ1人まったりとビールを飲みながら、手や足の爪や角質ケアを。明日を気分よく迎えるためにテンションをあげておきます。

こちらは自宅のお風呂でメンテするアイデア。温泉もいいんですけど、自分の家でゆったりくつろぐのもリフレッシュできそうですよね。そしてパックしながらのビール:D
気分よく一眠りしたらきっと元気になっていそう。

イメージのちからで

私はふさいだ気分になると、目をつむって緑色をイメージします。例えば風が爽やかな草原や、静かに木漏れ日が漏れる森林、クレヨンの緑で描かれた可愛い絵でもいいですね。緑には心を落ち着かせる効果があるらしく、それを知ってからずっと緑を思い浮かべて気分を晴れやかにします。意外とスッキリ爽やかでオススメですよ。

プチ瞑想というところでしょうか。穏やかなことを思い浮かべるということは座禅なんかにも通じるところがあるように思えますね。一番カンタンそうなアイデアなので試してみたいと思います(^^)

実際に緑に触れてみる

ふさいだ気分になったとき、ちょっといつもと違う空間に身を置いてみるのが何よりも気分転換になります。子供やペット、ご年配の方々でにぎわうような公園で緑の中、ひたすらゆっくり何も考えないこと、これこそ一番の気分転換です。

場所が変われば気分も変わる。旅に出たりしなくても、ちょっとだけ場所を変えてみるというのがポイントなんですね。

ヨガでメンテ

ふさいだ気分の時には正直動くのも億劫ですが、ヨガはポーズをとるだけなので動くことも少なくてやる気になります。ポーズをとっていると、集中するため気持ちが落ち着きます。ヨガ本来のポーズの効果もあるため、健康にいいことをしているということで気持ちも上向きになります。

あ、これはよさそうですね。ためしに無料体験に行ってみるのもいいかもですねー。
今はホットヨガスタジオが人気ありますけど、海外よりも日本で流行っているものみたいですね。

おわりに

整体の先生によると、体の中の気の流れを変えると、ツライ気分やイライラした気持ちが抜けていくということなので、自分なりのちょっとしたスイッチがあると良いのですよね。自分に合いそうなものを参考してもらえればと思います。