家計節約術:上手な買い物で家計を節約する方法とは

食材の買い出しは家事の中でも最もアタマを悩ませ、しかも時間もかかるものとも言えるでしょう。
家事を時短し、さらに節約する方法をご紹介します。

買い物の仕方を変えてみた

新聞の折り込みに入っている色とりどりのスーパーのチラシ、広告とは何とも不思議なもので、たいして安くもないのに、安いと思ってついつい買ってしまいます。これだと家計の節約的にはNGなので、買い物の仕方を大幅に変えてみました。

広告の品は買わない?

考えてみました。スーパーで食材を買う時は、広告に載っているご奉仕品を狙うのでなく、基本100円以下のものを買うという方法です。買い物する基準を「広告に載っている物」から「○○円以下」のもの、というように変更するのです。もちろん買えないものもあります。例えば、お肉やお魚などがその最たる例ですが、その他のものは大抵この基準で大丈夫です。

予算は100円以下で

ちなみに、野菜で100円以下になるものは、たいてい旬のものなので美味しくて健康にも良いはずです。果物などとのご縁は若干薄くなります(笑)、ご褒美にときどき食べる物とすれば、そんなに大変なことではないでしょう。

自分ルールの買い物で節約

お蔭様で、基本100円以下というルールを決めてから、食費はだいぶ抑えることができています。月によって違いがありますが、それ以前よりも2~3万円くらいは抑えられています。たかが数万円…と思われるかもしれませんが、毎月貯金していけば1年後には20~30万円くらいになります。

買い物は夜に(閉店前を狙う)

さらに買い物は夜に行くこと!閉店前っていろいろなものが安くなります。だいたい閉店1時間前に行けば、多くの売れ残り商品を半額などで買うことができるため、翌日の朝食や夕食の準備に役立つんですよね!ええ?夜にわざわざ買い物に行くなんて…と思う人もいるかもしれませんが、夜の買い物に慣れてしまうと、昼間にはなかなか行けません。昼間は混んでるし、何よりどれも高く感じてしまいます。

閉店前の買い物のデメリット

当たり前ですが、安くなったものはみんなが狙っている可能性が(笑)もし特定の欲しいものがあるならば多少はやめに行くことも大切です。また、火曜市など曜日ごとの特売日がある場合は要注意!品揃えも良いし、さらに閉店前の値下げで一見お得ですが、そもそも売れ残りが無くなる可能性が高いです。こういう日は普通に昼間に行った方が良いのかも知れません。

お店を使い分ける作戦

お店によって安いものが違ってくるため、使い分けるも大切です。帰り道に違うお店がある場合は、立ち寄って見ると良いです。お惣菜はこのお店が安いけれど、魚は帰りに道のこのお店の方が良い!ということもあるからです

まとめ

  • チラシベースではなくて、自分で决めた値段基準で買い物する
  • ちりも積もれば…で節約していく
  • 閉店前を狙う場合、昼間特売日だと売れ残りがない場合があるので注意
  • お店を使い分けでさらにコストセーブ

買い物の世界も深いですよね。
時間もお金も上手にやりくりしたいものです。