ユーモアで自分のコントロールを取り戻す – 腹が立った時に自分の怒りを鎮める方法(その2)

はじめに

「腹が立った時に自分の怒りを鎮める方法4選」として前回記事を書きました。そして意外とアクセスが多かったので、みんなやっぱりいろいろ辛いんだなぁと思いました。今回はその続きとして、3つほどいただいたアイデアをご紹介いたします。

すごく頭に来ている!

腹が立った時に自分の怒りを鎮める方法4選

2017-06-19

腹が立った時に自分の怒りを鎮める方法3選

広い心で見てあげる?ように努める

誰かに嫌な態度をとられたりしても注意するだけムダなので、その人のことを前世はウイルスか地球外生物で初めて人間に生まれた人なんだと思うことにしています。人類としてはルーキーだから多めに見てあげようと思うと自分に余裕ができて楽になります。

相手を変えるのは無理なので、怒るだけ無駄と悟って気持ちを切り替えることは良さそうですよね。後ろにも出て来ますが、あまり殺伐とせず、ちょっとユーモラスな感じに相手をディスるのがコツなのかも知れません。

自分はどうなの?と少し離れて見てみる

腹が立ったとき、相手の出来なさが目につくことが多いので、翻って自分はできるのか?って考えます。まぁ、時々自分はできる!って思いますが、本当に相手の事情でできるのかって考えるようにしてます。そうすると結局自分もできないことあるなぁってちょっと冷静になってきます。

怒りの感情は心の中の嵐のようなものです。吹き荒れるままに自分も流されてしまうと、時間もロスするし自分自身へのダメージも大きくなります。少しだけ俯瞰で眺めてみることで、微妙に嵐のパワーをずらすための入り口に立てるかも知れませんね。

シワが増えるぞ!と言いきかす

こちらの気持ちを理解していない相手だから腹が立つんです。そんな相手に腹を立てても、イライラして損をするのは自分だけなんだから、精神衛生上良くないし、シワが増えるぞ!と言い聞かせます。時間の無駄!と言い聞かせるのが一番効果が大きいです。

怒っているのは自分であって相手ではありません。ユーモラスに自分に言い聞かせて、自分自身のコントロールを取り戻したいですね。

おわりに

今回の方法に共通するのは、自分のコントロールを取り戻すためのツールを決めておくと良いということかなと思います。とは言っても、激しい怒りでいっぱいの時ってどうすることもできないかもですよね。書いておいてなんですけど、自分自身、耳がいたいですw なるべく平常心のまま、心穏やかに過ごしたいものです。