除湿機VSエアコン!大雨&台風で異常に高くなった湿度を下げる方法

はじめに

蒸しますね!朝からぐったりしてしまった編集長です。台風とか大雨の日は極端に部屋の湿度が上がって蒸し風呂状態になります。こうなってしまうと偏頭痛とか、精神的にも悪影響で、些細なことで家族と喧嘩になるとか、まったく良いことがありません。 今回は新聞紙とか重曹ではもはやどうにも出来ないクラスに湿気ってしまった部屋をともかくなんとかするためのエントリーということでアップしました。

一般的な方法

一般的な湿気対策にはこんなのがありますね。これはこれでライト編としてそのうちまとめまようと思います。
  • 換気をする
  • 戸棚をや押入れを開ける
  • 洗濯物を部屋の外に出す
  • 炭や重曹などを置く
  • 除湿機
  • エアコンのドライモード
などなど、いろいろ工夫の余地はあるものの、今回みたいな部屋の中が不快指数80とかの状況だともはや除湿機かエアコンしか選択の余地がありませんね。

除湿機とエアコンのドライの比較

除湿機の仕組み

除湿機は、湿った外気を機器内へ取り込んで冷却することで結露させます。水分を取り除いてタンクに溜めた後、乾いた空気を戻すというのが一般的な仕組みです。 冷却するので涼しくなりそうですが、モーターによって空気が暖めら、乾燥効率を上げればそれだけ部屋の中は暑くなることになります。 単純に乾燥させる力だけであれば(もちろんモノによりますが)除湿機の方が上と言って良いと思います。

エアコンのドライモードの仕組み

エアコンのドライも除湿機と基本的に同じですが、熱を出す部分は室外機として部屋の外に設置されています。よって部屋の中は暑くなりません。むしろ除湿を続けると寒くなってしまうのが欠点となります。

比較

エアコンは温度が下がりすぎて除湿機は温度が上がる、ってことですね!
/ 室温 除湿効果
除湿機 暑くなる 本気を出すと極大
エアコン 寒くなる まぁまぁ

本日昼前の例

ウチの除湿機の一番強いモード(衣類乾燥モード)を使えば一気に湿度を下げられるのですが、気温が上がっていき倒れそうになりました。そんなわけで諦めて電気代を無視してエアコンを併用し、洋間10畳でエアコン+除湿機で1時間半ほど冷房&除湿を行いました。

除湿開始前

汗が噴き出してくる状態でした。 – 31度・湿度62%(不快指数82)

1時間半後

なんとか仕事をしていられる状態に。不快指数70以下からが快適な状態だそうです。 – 25度・湿度35%(不快指数70)

終わりに

気づいたこと

  • エアコンのドライだと全く効果がない感じ
  • 部屋のドアをあえて開けておき、サーキュレーターで熱気を排出したら初めて気温が下がり始めた。エアコンだけじゃ無理だった感じ

結論!

エアコンVS除湿機だと、我が家では専用機の除湿機に軍配が上がりました。 しかし、除湿すると室温が上がるため、この対策に結局エアコンが必要ということになります。電気代が怖いし、台風が過ぎたらこのやり方はやめて窓を開けましょう!

ちなみにこれが100本目です!

これが当サイトの100本目の記事です。こんなサイトでも徐々に毎日見てくれる方が増えてきていて本当に励みになります。今後ともよろしくお願いします! ではではハッピーな1日を!]]>