家計節約術:目からウロコ!食費の節約にはコツがあったんです!

こんにちは!水道代にガス代や電気代に電話代など、いろいろ出費がありますが、一番家計の中で節約ができるものと言えば、真っ先に思いつくのが食費ではないでしょうか? 極端に言えば食事を抜けばいいんですけどね。ダイエットにもなるし(笑)…なんて冗談は置いておいて、無理なく節約する方法を考えてみましょう。時短家事もそうですが、節約することで気持ちに余裕を作ることが目的であって、そのせいで気分がガサガサになってしまっては意味がないですからね。リラックスで!

週1金額指定の術で食費節約!

では行ってみましょう!
  • 食品専用財布に1週間分のお金を入れる
大まかな1ヶ月の食費を決めてそれを4週で割り、1週間分の食費だけをメインの財布とは別の財布へ分けておきます。例えば、月の食費が4万円だったら、1週間に1万円だけサブ財布に入れます。で、買い物の時はその1万円で1週間過ごします。週末にサブ財布の残金が少なくなってきても、次の集までは(基本的に)補充しちゃダメですよ。

無い袖が振れないのでお金を使わなくなる

サブ財布に入っている額だけで一週間やりくりしなくてはならない、イコール、週の予算の中で生活する、ということになります。それだけしかないので自然と無駄な物は買わなくなり必要なものだけ買うようになります。というか、お金自体が財布にないので無駄なモノが買えません。たまにお金が余ったりしたときには、更に別にキープしておき調味料やストックしておきたい特売品などを買うお金にまわします。

1ヶ月単位じゃだめなの?

1ヶ月単位だとダメなんです(きっぱり)人によるとは思いますが、長過ぎるみたいで、月末には全然お金が足りなくなってしまいます。長めの期間だと「あとどのくらい使っても大丈夫」なのかがわかりにくいのかなと思います。私が一番いいなと思ったのが1週間単位でした。この方法で買い物をしだしてから食費を少しずつ減らせることができ、今では1万円は違うようになりました。言ってみたら週に2500円のセーブってことですよね。これならできそうな気がしてきませんか? 1万円の節約ができれば年間だと12万!かなりの節約になりますよね。 無理しないでコツコツが大事です。ではでは、良い1日を!]]>