時短家事:アッという間に衣替えを完了する方法教えマス!

家の中がごちゃごちゃしたままでは、とても家事の時短なんて望めません。なにより、気分がスッキリしないままなので、やる気も運もダウンしますよね。そんな事を言うけど、何から手をつけていいかわからない!でも、まず落ち着きましょう。時短家事も節約もできそうな場所から少しづつが基本です。とりあえず今年の衣替えからトライしてみませんか。

衣替えってかなり面倒ではないですか?

家事の時短で共通して言えることは、整理さえされていれば自然に時短されるということです。整理整頓されてると気持ちがいいですよね。それだけでもハッピー!なんですが…
かく言う筆者も整理整頓が苦手なんです(苦笑)タンスの中身を出す→次の季節の洋服を入れる→苦痛な作業以外の何者でもありません!主婦として大事な家事の一つとはいえ、自分のだけでも面倒だと思っているのに、子どもたちの分までとなるともうゲッソリです(TдT)

収納タンス=日常タンス作戦

この面倒臭すぎる衣替え作業、なんとか時短出来ないかと、やってみたのが収納タンスと日常使いのタンスを同じ物にする作戦。こんな感じです。

  • 収納用と日常用のタンスを2つ用意
  • 収納用のタンス「次の季節用」「次の次の季節用」を作り洋服を詰める。
  • 衣替えの時期がやってきたら…日常用のタンスと収納用のタンスの引き出しを入れ替えます。

引き出しを入れ替えるだけで、あら不思議、衣替え終了!楽ちんですね。
子どもたちのものは、サイズが小さくなった時にちょこちょこと入れ替える必要はありますが、出してー入れ替えてー収納してーの作業がなくなっただけでも私にとってはかなり時短になりました。お勧めです。

ホームセンターでプラスチックの軽いものを探しましょう

ポイントは、タンスは重いものだと入れ替えが大変だしコストもかかりますので、プラスチックの軽いタンス(収納チェスト)をホームセンターで購入します。子どもの分はカラーボックスとインナーボックスを合わせればお安くそろえることができますよ。

## まとめ
– 整理整頓しておけば自然に時短につながる
– 収納タンスと日常タンスを同じものにする
– 各引き出しに季節ごとの衣類をつめておく
– 衣替えの時は引き出しごと入替えする
– タンスは入替え前提なので軽くて安い収納チェストを調達するとよい

ささっと終わらせて自分の時間を作ってハッピーに暮らしたいですね!