お父さんの水虫を家族がもらわないために!| 水虫シリーズ2(3)

水虫の怖い点…家族から感染する!

せっかく防止対策をしても、家族からうつってしまうのが水虫の怖いところ。今回は家族間での感染を防ぐ、というテーマでお送ります。基本的に「お父さんからの水虫をもらわない方法」としてお父さんを水虫と決めつけて書いていますが、ご家庭の状況によりお母さん、お兄ちゃんなどと読み替えてください。では見ていきましょう!

お父さんの後に入浴しても大丈夫?

入浴で感染することはありません。よって、お父さんが一緒に子供とお風呂に入っても問題はありません。水虫の白癬菌(はくせんきん)は、入浴によりほとんど菌が流されてしまうからです。

水虫の原因となる白癬菌がいるのは、水虫の患部から剥がれ落ちた角質(いわゆる垢)の中ですが、その角質が自分の身体にくっついて、そこから感染するのではないかと心配な方は、入浴後にシャワーを浴びても良いでしょう。

それよりも心配なのは、足ふきマットによる感染です。水虫を持つお父さんが使用した足ふきマットは、使用しないようにしましょう。

お父さんのくつ下は分けて洗うべき?

お父さんのくつ下と一緒に洗濯しても大丈夫です。普通の洗剤で十分に洗うことで水虫の白癬菌をほとんど洗い流せますし、完全に乾燥させることで、白癬菌を撃退できるので心配いりません。

ただし、生乾きの状態で衣類をたたむと雑菌が増殖します。雑菌が繁殖した生乾きの衣類を水虫の患部に触れさせるのは不衛生です。完全に乾いてから取り込むようにしましょう。