家計節約術:何もしないで自動的に家計を節約?−電力会社を乗り換える

時短家事も家計節約もマメな作業でコツコツと積み上げていくのが基本ですが、大雑把でズボラにやりたいのが本音ですよね…そうでなかったら当サイトを見ていただいたりしていないと思います。けど大丈夫、私もズボラで大雑把な性格です!(笑)今回は電気代の節約、電力会社から変えてしまおうという作戦です。

電気代の節約アイデア:定番

定番テクとしては
– 使っていない家電品のコンセントを抜く
– 切り替えスイッチのある電源マルチタップを使う
– 深夜電力を利用する
基本的にはコンセントを抜くことで家電製品の待機電力をカットして節約する方法ですね。
他だと
-料金プランの見直し
これについては後日書きたいと思うのですが、契約アンペア数を落とすと基本料金が安くなります。電子レンジとエアコンを一度に使わないように等、若干の注意は必要なのですが意外とブレーカーが落ちることは少ないです。

ですが今回は、一度設定してしまえば自動的に節約になる方法です。
それでは電力会社の乗り換えについてご紹介します。

新電力事業者(PPS)って?

今や電力会社は東京電力等の大手電力会社だけではありません。
2016年4月からの小売り電力が自由化され国内では約400社が電力の小売業者として政府から「電気」を販売できる認可を受けて市場に参入しています。

電気の質は大丈夫なの?

ちょっと例えが違うし正確ではないですが、電話線とかインターネットでNTTの回線を利用して…ってタイプの契約がありますよね。あれに近くて、「送電網」というシステムは、全電力会社が共同で使用します。特定の電力会社の電気だけ来ない、ということはアリえません。また、新電力会社の発電所で故障が発生した場合でも、停電にしないために「バックアップ契約」という仕組みが整備されています。これは電力不足が起きた時に、東電等が必要な電力を融通するというものです。

電力会社の乗り換え方法って?

スマホやPCで「電気料金 シミュレーション」のようなワード検索すれば、電気代のシミュレーションがすぐ出来ます。現在の契約ワット数がいくつかパッと言える方は少ないと思います。今の電力会社の利用料金の伝票を用意しておくと便利でしょう。

シミュレートすると、どの電力会社だと年間いくら安くなる等の結果が出ます。それを参考にして乗り換えればOKです。乗り換え手続きはたいていはネット上で完結できます。大体5分もあれば手続き完了しますし、一度乗り換えてれば自動で電気代節約となるのでとてもお勧めです。目安としては電気料金が5%程度安くなるのではと思いますが、会社によってはオマケがついたりする場合もありますし、キャンペーン等はチェックした方がいいかも。5%といっても年間電気料金10万のご家庭なら何もしなくても5千円浮きます!

まとめ

  • 電気料金節約の定番は待機電力をカットする
  • 新電力事業者に乗り換えると、今より電気代が安くなる可能性が
  • バックアップ契約等の仕組みがあるので電気の質についてはあまり心配ない
  • 比較、申込みする時は手元に今の電力会社の利用明細があると便利
  • 最初に手続きしてしまえばいいだけなので、マメな節約が不要がうれしい(笑)

ウチの場合は、決して激安とは言えないですが、太陽光、風力、水力などの自然エネルギーを中心に使って発電している会社を選びました。特に停電があるとか困ったことは起きてません、というか、今までと変わらないので電気料金の明細が安くなった以外に気がついたことはないという感じですねー。

ではではまた!