時短家事:片付けているのに片付かない!ゴチャゴチャする小物の整理方法にはカンタンなコツがあるんです

毎日家事に追われるうちにヘトヘトに疲れてしまっていませんか?家事時短も大事ですが、気持ちが疲れないことがもっと大事です。家事の時短をする目的は気持ちに余裕が出来てハッピーになるということ。今日は物の配置という切り口で考えてみました。

定番テク:使わないものは奥に

よく使うものは手前に、使わないものは奥にが整理整頓の鉄則ですよね。これはこれで大事な基本ですが、ただ単にいつも使うものを近くに配置するだけでは、使い勝手アップにはつながっていないので、実は整っているようで整っていないのです。

ちゃんと整理してるのに、なんだかスッキリまとまらない!

ここで、タンスや収納棚の中を確認してみてください。「よく使う」はずの靴下や下着、ハンカチなどがゴチャゴチャと入っていて、なんだかスッキリまとまらないなんてことになっていませんか?確かに手前には置いているのだけど、なぜゴチャゴチャ感が?

そうなんですこの気持の落ち着かなさはゴチャゴチャ感なんです。

こまごまとしたものは、どうしても棚の中でゴチャゴチャしがちで、何か一つものを探そうとすると大変ですよね。確かに片付いてはいるのですが、しまうのも出すのも何となく大変で、いずれぐちゃぐちゃになってしまう→疲れがマックスに!という悪循環に陥りがち…でもちょっと一工夫するだけでタンスの中も気持ちもスッキリするんです。

用意するアイテムはちょっとしたものでOK!

用意して欲しいものは、小さな仕切りの付いたケース、これだけで大丈夫です。これをタンスや収納棚の中に入れてジャンルごとに細かく仕分けましょう。急に無理矢理感がなくなって見た目にもスッキリします。この方法を使えば、ものを取り出すときだけでなく、入れるときにもとても楽になります。洗濯した衣類を収納するときなど、家事の時短に繋がります。なにしろシンドイ気分から解放させますよ!

最近は靴下用、下着用など専用のものをお店で見かけることも多くなりました。一度探してみてください。

応用編。DIYもアリです

もちろんわざわざ買わなくても、ブックスタンドやお菓子の空き箱などを活用してもOKです。家計にも優しいですしね。
タンスの収納だけでなく、キッチンの細かいカトラリーや調理器具などの収納にも応用できます。試してみるといいかもです。

まとめ

  • 細かいものの収納定番テクは、使わない物を奥に
  • 片付いていることと、使いやすいことは別物です
  • ゴチャゴチャしていることは、落ち着かない気分につながります
  • 細かいものは間仕切りのあるケースでパテーションを作る
  • 靴下用、下着用の専用の商品の他、DIYするのも楽し!
  • 取り出し、片付けが楽だと家事の時短に直結します。

時短することに心を奪われすぎると、むしろ気持ちがギスギスになっちゃいます。ちょっとだけ整理用のアイテムを導入するだけで劇的に改善できますよ。お試し下さいませ。