家計節約術:栄養満点でセーブマネー!もやしは最強の節約アイテム!?

いっこ前のエントリーが電力会社を変える、というやや大きめのネタだったわけですが、当サイトのモットーはできるところから気楽にコツコツやっていって結果ハッピーに、なので、正直趣旨とは違っていたなと反省?、なので今回は日常生活でカンタンに食費削る方法…「もやし」の活用について、結構本気で語ってみました(笑)

やっぱり節約できるのは食費

最近、野菜の値段が高騰しています。そんな中で、いかに安く野菜を手に入れる方法というと

  • 野菜の特売日を狙ってスーパーに行く
  • ちらしを毎日チェック

などなどを工夫して、少しでも安く売っているところへ自宅から多少遠くてもがんばって行くなどという作戦があります。また、多少形が悪くても味には影響しませんから、形を気にせず安く販売されている野菜を購入なんてのもありますよね。

そこで「もやし」!

節約食材の代表的としてはなんといっても「もやし」でしょう。実際、安いところを探すと一桁(!)の値段で買うことができます。もやしはそのまま茹でたりするのは勿論、様々な料理に使いまわせるのが特徴です。

栄養もあるんです

日光に当てずに育てますし、ひょろひょろの見た目なので栄養がいかにも無さそうですが、そんなことはありません。ビタミンC、カリウム、食物繊維、アスパラギン酸などを含んでます、特に大豆もやしは他の種類に比べて2倍くらい栄養素が多いようです。ただし、生食は食中毒の危険もある場合もあり、また、あの見た目のせいなのか加熱してしまうと栄養素が簡単に壊れてしまうという、なかなか困った特性があるので、調理には注意が必要みたいです。炒め物などは最後に入れてなるべく加熱時間を短くしてみる等、研究してみたいところ。

節約食材として優秀

いや、もちろん、節約だけ考えたら、もやしだけ炒めて家族でそれだけ食すればいいんですけど、さすがにそれだとハッピーとは言えませんよね(笑)もやしを使った炒め物は、中華料理屋さんでも定番アイテムです。キャベツを加える、レバーを足す、ピーマンと一緒に、辛くしてみる…などなど、様々な食材と組み合わせることで、いろいろな炒め物のバリエーションができます。

他のものを組み合わせて輝くんです。

節約は大事なんですが、ただ節約しただけとハッピーとは言えません、もやしづくしの食卓とかは、ねぇ(笑)

主観的な話で恐縮ですが、筆者自身はもやし自体の味は特に好きでも嫌いでもありません。ですが例えばお鍋にカキとかお肉とかと一緒に、炒め物でキャベツと一緒にお味噌がいい感じに絡んだ時…むしろ、主役であるべき食材を差し置いて、他の食材からのお出しを吸ったもやしがとんでもなく美味しく変身するんです。

この性質を上手く利用することで、節約してなおかつ家事も時短できてオイシイ料理という一石三鳥が狙えてしまうかも知れませんよ?例えば、小皿でも炒め物の中でも1品はもやしを使うと決めておいてから、他の食材を考えれば、献立を考える時間をそれだけ短縮できます。
時短家事と大げさに考えずにちょっとだけ「短縮するための手間」をかければ大丈夫なんです。

まとめ

  • スーパーの特売日狙い
  • チラシをチェックして遠出してみる
  • もやしを活用
  • 意外と栄養はあるが、調理に工夫が必要
  • 他の食材と合わせると美味
  • もやしを中心で献立を考えることで節約&時短も

個人的にもやしファンのため、今日は熱く語ってしまいました(笑)スミマセン。ではでは、みなさん、楽しく節約してハッピーに行きましょう!