家計節約術:ロハスに行きましょう!?無理なく家計を助けるプチ節約術

こんにちは。節約!と考えると、何から削ろうか=何を我慢しようか…と、ついつい考えてしまいますよね。家事時短も節約も我慢に我慢を重ねているとある日、急にやる気が萎んでしまったり。あ、ダイエットもそうですよね。がんばって甘いものを控えるのですが数日後、大リバウンドに!
すみません、話がそれました。今回は、無理なく家計を助ける「プチ節約」のやり方についてのアイデアです。

ほんのちょっとだけ食費分の出費を見直してみます

まず、削るとしたら食費が一番手っ取り早くて楽かなと思います。とは言え、食べたいものを我慢するとか、食べる量を減らすとか、そう言った方法はNGです。効果は大きかもですが、持続性がありません。それだとロハス?じゃないんです。本当にちょっとした工夫をコツコツ積み上げる感じです。

あえて飲み物を大人買い


例えば、日々の飲み物。買うのをやめるのではなく、500mlのペットボトルを全て2Lのペットボトルで箱買い。さらにそれを水筒で持ち歩くようにします。ね、なんかできそうでしょ?出先の自販機で飲み物を買うと、実はかなり割高なんです。何気なく繰り返していると意外と出費はかさむものです。

おかずを減らす必要なんてないんです

日々の献立についても、安いもので済ませなきゃ、おかずを一品減らさなきゃ…と焦って考えなくても大丈夫です。例えば、その日スーパーで安売りしていた材料で献立をたくさん作る。あるいは、今の時点で冷蔵庫の中にあるもので献立を考えるということです。気楽に行きましょう。

今日はこれとこれを作る!と決め打ちで買い物をすると、その日安売りしていないものを買ってしまいがちで結局高くつきます。また、冷蔵庫でずっと残っている材料が使われず、最悪腐ってしまうことも。無駄を無くすこと=節約をする!と意識してみるだけで結構変わりますよ。

節約生活を楽しんじゃいましょう!

ありあわせのモノで作る、と書いてしまうとなんだか手抜きかつ大変、というように感じてしまうかも知れません。でも、レシピサイトで材料を検索するとそういったプチ献立の達人ママ達のメニューがたくさん見つかる時代です。へーこんな方法があるんだー、という感じで献立を考えると料理も楽しく、何気に家事時短にもなっちゃいます。

まとめ

  • 節約自体が目的になるとツライです
  • 飲み物を大人買い→水筒で
  • 自販機で飲み物を買うより大幅節約
  • 献立を決め打ちしないであり合わせの材料で献立を考える
  • レシピサイトなんかも活用すると楽しくなります!

我慢をする、ではなくて無駄を無くす、という方向なら楽で長続きするのではないでしょうか。では今日はこのへんで。
上手に節約してハッピーな毎日を!