家計節約術:家計簿の時短にも!クレジットカードで家計を助ける!

レジでお金を払おうとしている写真
クレジットカードを上手く活用することでも家計は節約できます。サインや暗証番号入力でお買い物が完結するので、お財布の中にいくら入っているかといった感覚では使えませんが、カードならではのメリットがたくさんあります。各社クレジットカードについては今後いろいろ情報を共有していきたいですが、今回はクレカを使うことで家事にこんなに役に立つ、というポイントをご紹介します。

家計簿の時短

家計節約のポイントはまずは家計簿をつけるのが基本テクです。でも、正直言ってしまうと…面倒くさいですよねぇ(TдT)クレジットカードはカード会社のサイトで利用額と明細の一覧が出ますで、これをチェックすることで家計簿つける時間を短縮できます。
最近はアプリなどで支払い額や利用額も確認できますし、アプリの機能で家計簿をつけることも出来ますね。

カードの使い分け

複数のカードを持っている方は、例えば水道光熱費とスマホ代用のカード、外食やちょっと贅沢なモノを買う時はこのカードというように使い分けて管理すると良いです。後で家計簿をつける時に、カード会社のサイトをチェックした時点で項目分けがされていることになるので、何のジャンルでいくら使ったから把握しやすいですよ。

ポイントがオイシイんです

例えば水道高熱費や通信費などの支払いをクレジットカードに変更すると、毎月コンスタントにポイントを貯まります。口座引き落としからクレジットカードに変えるだけでも毎月数百円ほど浮いたことになります。
日常の支払いもクレジットカードに変えてあげればポイントが分お得になります。また、走行距離によりますが、ガソリン代はクレジットカードで支払う方が断然安くなるケースが多いです。

ポイントを有効活用しましょう

クレジットカードのポイントは商品券などに交換出来るものもあれば通販などの支払いなどにも利用出来るのでとてもオススメです。ポイント払いにすると、節約できた実感がやや薄くなりますので、商品券に交換してスーパーや日常の買い物に使うというのいいかも知れません。

まとめ

  • クレジットカードはアプリやサイトで利用額をチェックできるので家計簿を時短できる
  • 可能ならば家計の大きい項目別でカードを分けると把握しやすい
  • ポイントがつくことで値引きと同じ効果が
  • 日常の買い物やガソリン代をカード利用すると大幅な節約の可能性も
  • ポイントを商品券等、モノに交換すると実感がわくのでオススメ

クレジットカードというと、うっかり使いすぎてしまうイメージがあるかも知れませんが、本来、上手に使うととても家計を助けてくれる便利なものです。さすがにいきなり全部の家計をクレジットカードというのも難しいので、まずは水道光熱費とスマホ代を一箇所にまとめてみてはどうでしょうか?]]>