空き巣・侵入犯罪に有効なのは?音?光?ー留守にするときの安全対策とグッズ紹介

空き巣
防犯対策シリーズの記事、今回は侵入犯罪、俗にいう空き巣狙いです。

侵入犯罪の被害は9割以上住宅で発生している!

侵入犯罪の被害に遭っているのは、ほぼ住宅です。
警察庁の平成27年度のデータによると、侵入犯罪の被害は住宅で9割以上発生しています。そして侵入犯罪に狙われやすい家は「留守中の家」となります。

侵入犯罪に遭いにくい家とは?

犯罪者は光より音を嫌う

次のデータを見て下さい。
犯罪者は、光よりも音に強く反応して逃げる傾向が強いことが分かります。

犯罪者が侵入をあきらめた理由

順位 侵入を諦めた理由
1位 声をかけられた 63%
2位 補助錠 34%
3位 犬を飼っていた 31%
同じく3位 セキュリティーシステム 31%

犯罪者が犬を嫌うのは吠えられるからです。犬が吠えれば、自分の存在が周りにバレます。つまり、犬が吠える音によって犯罪者を撃退しているのです。その効果は結果をみても分かるように、セキュリティーシステム並みの防犯効果を発揮しています。

センサーライトで侵入をあきらめたのは犯罪者は?

これに対し、光による威嚇、センサーライトで侵入をあきらめたのは、たったの9%!!!少なすぎです。

防犯意識の高い家は狙われにくい

犯罪者が侵入をあきらめる時間は、
2分~5分以内(51.4%)が半数を占めています。
次に多い時間が5分~10分以内(22.9%)です。
つまり、犯罪者は10分以上侵入に手こずると、ほぼ侵入をあきらめています。
侵入するまでに10分以上の時を稼ぐには、それなりの安全対策が必要です。
以上のことを踏まえて、次のページで留守にするときの安全対策を紹介していきます。

ABOUTこの記事をかいた人

二児の子供を持つママさんライター。日頃の生活で感じた疑問をとことん追求するのが大好き。面白いと感じたことを記事にするのが生きがいになっている。