お風呂掃除を極める!(2)壁・床のカンタン掃除〜お風呂掃除の家事時短のためにはいったん徹底的にキレイにしちゃいましょう

今回は 壁と床の掃除のやり方篇です。

家事を時短するためには一回徹底的にキレイにしてみよう、ということでお風呂掃除の特集の二回目です。日々の掃除を楽にするために、一回がんばってキレイにしちゃいましょう。

一旦徹底的にお風呂を掃除!シリーズ

シリーズ目次

[KPS ofuro]

お風呂掃除のここが大変

お風呂場の壁や床は、掃除をする面積が広く大変です。壁や床の掃除は腰や足に負担がかかるので、つい掃除を後回しにしがちです。長い間、壁や床の掃除を怠っている人もいるのではないでしょうか。 また今回の特集では触れないので、近日別のコンテンツとしてやりたいと思ってますが、掃除道具の数がわりと多かったりして置き場の整理なんかもだんだんと面倒になってテンションが下がってしまう原因かも知れませんね。

効率よくやるのはやっぱり入浴後

壁や床の掃除が一番効率よく掃除できるのは、やっぱり入浴直後です。入浴後のお風呂場は、蒸気で汚れが緩んでいるため、少しの力で汚れが落ちるので掃除が簡単です。 なので、ガッツリ大掃除の前に同じ状態にしちゃいましょう。壁や床の掃除にシャワーでお湯をかけます。目的は汚れを浮かせて取りやすくすることです。これで汚れが柔らかなれば、スポンジでこするだけ相当キレイになります。 そのあとは、水気を残さないように乾いたタオルで拭きます。市販のT字型ワイパーで水気を残さないようにかき落とす方法もあります。 こんな感じのモノもあります。(リンク先はAmazonさん)

問題は頑固な汚れですが

えー、シャワーのお湯かけたくらいじゃ全然歯がたたないよーという方!そうですよね。分かります(TдT)でも諦めないで下さい。 長期間、掃除しなかったために水垢や石鹸垢がこびりつき、なかなか汚れが取れない場合は次のような方法を試してください。 水垢や石鹸垢はアルカリ性の汚れです。なのでカンタンに汚れを落とすには酸性の洗剤で中和させてあげることがポイントです。 商品で言うと…と書きたくて探してみたら、こんなものがあります。(リンク先はAmazonさん)

レモン汁を使うテクもあります。

市販品だと上のようなモノがありますが、レモン汁・酢・酸性洗剤を水垢や石鹸垢のついている場所にかけて30分ほど放置するやり方もあります。汚れが気になる部分は、さらにティッシュペーパーで上から押さえつけて洗剤を汚れに浸透させると中和が進み、カンタンに落とすことができます。

今回のまとめ

  • 掃除の前にお湯をかけて汚れを浮かせる
  • 浮いた汚れをスポンジでこすりT字ワイパーやタオルで水切りする
  • 頑固な水垢汚れは酸性洗剤やレモン汁パックで!
  • 一回徹底的にやれば毎日の掃除も楽になります。がんばって時間をとってください!!
水垢や石鹸垢は、壁や床に白い筋のような汚れがつくので、壁の色によっては汚れが目立ち厄介です。汚れが目立つ前に、少し面倒でも壁や床を日頃からスポンジで軽くこすってあげるだけでも違います。入浴中にながら掃除をするのがベストですが、一回徹底的にやっておくと後の楽々さが全然違いますよ!梅雨が来る前にトライしてみたらいかがでしょうか。 次回はシャワーヘッドなどの細かい部分の汚れの落とし方について書いてみたいと思います。 ではでは、ハッピーな1日を!]]>