【2018最新版】「結局どのルンバを買えばいい?」新型「e5」「amazon限定モデル」ルンバの疑問解決

/////

「結局どのルンバを買えばいい?」ルンバの疑問解決!

スッキリさんの十六話より

ルンバといっても、たくさんありすぎて分からないという人は多いはず。そんな人のためにルンバの機能について分かりやすくまとめてみました。

新型ルンバ「ルンバe5」2018年10月26日発売

丸ごと水洗いできるダスト容器、吸引力もルンバ600に比べて5倍アップ、さらに最大稼働時間が延長、そして価格も公式オンラインストアの価格で49,880円(税抜)と5万を切るという、高機能で高コスパの新型機が10月26日に発売されます。

この新型機「ルンバe5」については、別エントリーで詳細にまとめましたので、こちらもあわせてどうぞ。

Amazon限定ルンバ!

ルンバにはAmazon限定のルンバがあって、かなり安く価格設定になっています。プライムセールを狙えば、かなりお得かも。もし、ルンバ購入を検討しているのなら、絶対に見逃さずにチェックしてみてください。

通常のルンバと限定版の違いって?

ルンバを製造しているアイロボット社に問い合わせてみたところ、基本的に機能的には通常のルンバと何ら変わりなしとのこと。唯一の違いといえば、本体の色が違うだけとのことでした。確認する限り、以下の4つが該当するようです。

Amazon限定版 元の機種 スマートスピーカー対応
ルンバ642 641
ルンバ691 690
ルンバ891 890
ルンバ961 960

「ルンバ642」

「ルンバ641」と機能は同じ。他のルンバと違って、スマートスピーカー対応やスケジュール機能つきではありません。そのため、音声だけでルンバを操ったり、不在の時に勝手にルンバが掃除をしてくれるなんてことはできません。しかし、ルンバ初心者にはほどよい機能。清掃力も抜群で使いやすいです。購入価格もルンバの中で一番安いです。

「ルンバ691」

通常のルンバ「ルンバ690」と機能が同じ。「ルンバ642」との違いは、スマートスピーカー対応・スケジュール機能つきであることです。夜遅くに帰宅しても、スケジュール機能を使えば、不在時にルンバが掃除してくれる。スマートスピーカーがあれば、音声だけでルンバが掃除をしてくれる。多忙で日中、家を不在にする人にはおすすめの商品です。

「ルンバ891」

通常のルンバ「ルンバ890」と機能が同じ。「ルンバ642」「ルンバ691」に比べ、清掃力が格段にアップ!毛が絡みにくいブラシを起用し、ゴミの除去率を50%アップさせています。

「ルンバ961」

「ルンバ960」と機能が同じ。本体にあるカメラとセンサーで、部屋の形をしっかりと把握。無駄な電力を使わずに効率よく掃除をします。

休憩(猫ルンバ動画)

ルンバ(Roomba)全体のラインナップまとめ

10月26日発売の新型機「e5」以外のルンバのシリーズの数字が大きいものほど、高性能で高価格となっています。つまり、「Roomba600シリーズ」よりも「Roomba800シリーズ」の方が高性能・高価格。「Roomba800シリーズ」よりも「Roomba900シリーズ」の方が高性能・高価格です。

  • Roomba600シリーズ
    3段階クリーニングシステムを搭載し、角のとりにくいゴミやペットの毛、微細なハウスダストなどをしっかりと吸引します。パワフルな吸引力と確かな清掃力で、掃除の負担を軽減!様々な角度から部屋中を丁寧に掃除するから、ゴミをしっかりとキャッチします。

  • Roomba800シリーズ
    AeroForceクリーニングシステムを搭載。髪の毛やペットの毛が絡みにくい特殊素材のローラーが、ゴミを浮き上がらせてしっかりとキャッチします。そのため、ゴミの除去量がなんと50%もアップ!

  • Roomba900シリーズ
    本体に搭載しているカメラとセンサーが、部屋の形をしっかりと把握。効率的かつ的確な動きで、部屋のゴミを隅々までキャッチ。清掃できる部屋は最大112畳。キッチンから寝室まで、家中をくまなく清掃します。

最新ルンバ(Roomba)はスマートスピーカー対応

スマートスピーカーって何?

スマートスピーカーとは、スピーカーを小型にしたものです。声だけで操作できるスピーカーで、とても便利です。スマートスピーカーに「音楽を再生して」とお願いすれば音楽を再生してくれたり、「今日のお天気は?」と聞けば、今日のお天気を教えてくれたりする優れもの。見た目を重視した、まるでインテリアのようなオシャレなものが多く、しかもコンパクトサイズなので、邪魔になりません。

スマートスピーカー対応だと、こんなに便利!

スマートスピーカー対応のルンバを使うと、スマートスピーカーに話しかけるだけでルンバを操作することができます。話しかけるだけで自由自在に操れて便利!

  • 清掃の開始「ルンバを使って掃除して」
  • 清掃の終了「ルンバを使って掃除を終了して」
  • 清掃の中断「ルンバを使って掃除を中断して」

とスマートスピーカーに指示するだけで、ルンバをコントロールすることができます。

どんなルンバがスマートスピーカー対応になっているの?

ルンバなら、どのルンバでもスマートスピーカーが使えるという訳ではありません。スマートスピーカーが使えるものは限られています。スマートスピーカー対応になっているルンバは、Wi-Fiに対応しているルンバだけです。

スマートスピーカー対応のルンバは以下の4つ。(Amazon限定版除)。各シリーズの上位機種が対応しています。

  • Roomba900シリーズでは Roomba980・ Roomba960
  • Roomba800シリーズでは Roomba890
  • Roomba600シリーズでは Roomba690

ルンバ対応のスマートスピーカーはどれ?

2018年現在、Google Homeか、もしくはAmazon Echo が対応しています。

ルンバFAQ:ルンバの疑問のあれこれを解答!

ルンバが凄いっていうけど、一体、何が凄いの?

ルンバが凄いといわれている理由。それはゴミの収集率の高さです。他のメーカーと比べても、その差は圧倒的。一度、掃除機をかけた後の部屋でさえも、一体、どこからこんなにゴミを持ってきたの?というくらい、ゴミをくまなく収集してくれます。ハウスダストなどに悩んでいる人におすすめの商品です。

なぜ、ルンバはゴミの収集率が良いのか?その秘密は…

ルンバのゴミの収集率の高さの秘密は、吸引力にあります。他のメーカーと比べても、そのゴミの吸引力は圧倒的に強い!今までのルンバは下部にブラシがついており、それがクルクルと動かしてゴミを浮き上がらせて吸引するという方法をとっていましたが、今はこの部分がゴムでできたローラーに変わり、髪の毛やペットの毛が絡みにくくなったため、ゴミの除去率が50%もアップしています。

維持費はかかる?維持するのは大変?

他のメーカーに比べて、ルンバは維持費がかかりません。ルンバを維持するには、下部についているエッジクリーニングブラシという、ゴミを自分の方に寄せ付けるブラシの交換が必要です。このエッジクリーニングブラシの交換は、ルンバの場合、大体2年くらいです。ですが、他のメーカーの場合だと、約1~2カ月で交換が必要。その差は歴然です。このブラシ、金額にして、大体1本2千円弱するので、ブラシの交換があまり必要でないルンバは、維持費がかからないお得な掃除機だと言えます。

iRobotとルンバ(Roomba)は同じもの?

「iRobot」とは、ルンバを作っている会社の名前です。ルンバの商品には、「iRobot」という文字が大きく目立つように書かれています。そのため、一瞬、ルンバに似た別の商品ではないかと思ってしまいますが、その下に「Roomba」の記載があれば、ルンバに間違いありません。

ルンバをレンタルできるって本当?

いまいち、ルンバ購入に迷いが生じているなら、レンタルがおすすめ。家電製品を安くレンタルできるサービス会社があるので、このサービスを利用してルンバをお試しするのもありです。ネットで簡単にレンタルできます。

ルンバの効率的な使い方は?

ルンバの効率的な使い方は、物をなるべく床に置かないこと。そうすることで、効率的に掃除をさせることが可能になります。また、すべての家電製品に言えることですが、水に弱いので、水のこぼれがあるときは拭き取っておきましょう。

スケジュール機能って何?

ルンバにはスケジュール機能がついているものがあります。スケジュール機能とは、掃除をしてほしい時間に掃除を開始するよう設定できる機能です。自宅を不在にしていても、スケジュール機能を設定すれば勝手に掃除をしてくれるので便利。曜日ごとに15分刻みで設定できます。ただし、一日1回のみの設定です。

漫画「スッキリさん第十六話:ルンバdeスッキリ!」

人気の記事