喉が痛いときの対処法!

こんにちは。これからの季節、どんどん乾燥してきます。喉のトラブル、心配ですよね。早目も対処が必重要です。

喉に痛みが起きるのはなぜ?原因を知ろう!

喉に痛みが起きるのは、空気中に漂う風邪のウイルスが、口や鼻を通して体の中に侵入してくるのが原因です。通常は、体内に風邪のウイルスが侵入しても、病原菌や異物を肺まで届かないように、気道の内壁を覆う粘膜とせん毛で防御しています。しかし、乾燥すると、このせん毛の動きが鈍くなり、喉の粘膜に風邪のウイルスが付着してしまうのです。喉の粘膜に付着した風邪のウイルスは、粘膜の上で増殖し、炎症を起こします。これが、のどの痛みの原因です。

喉の痛みをとるにはどうすればよいの?

喉の痛みをとるには、喉の痛みの原因である炎症を抑える必要があります。

どうやったら、喉の炎症を抑えることができるのか?

それには、殺菌と保湿により炎症を抑えていくことです。喉に付着している風邪のウイルスを殺菌することによって撃退しつつ、保湿によってこれ以上、風邪のウイルスが増殖しないように防御します。

では、具体的にどんな方法で喉の痛みを抑えていくと良いのでしょう。

喉に痛みを感じたら、この対処法がおすすめ!

喉に痛みを感じたら、早めに対応することで、喉の痛みをいち早く取り除くことができます。

マスクをつける

マスクをつけることで、喉の乾燥を防ぎます。マスクで保湿をすることで、これ以上、喉の粘膜でウイルスが増殖しないように抑えることができます。

マフラーやネックウォーマー、タートルのついたセーターなどで喉を温める

喉を中心にして体を温めるようにすると、免疫機能がアップし、早めにウイルスを撃退してくれます。

のど飴をなめる

のど飴も喉の乾燥を防ぐのに効果的です。のど飴を舐めることで唾液の分泌が促進され、喉が保湿されるからです。殺菌作用のあるハチミツを使ったのど飴などもあるので、意識して購入してみましょう。

温かいお茶を飲む

温かいお茶を飲み、喉を潤すことで喉の乾燥を防ぎます。また、温かいお茶を飲むことで身体を温めることができ、体の免疫機能をアップさせることができます。

生姜を積極的に摂取する

風邪のウイルスに特に効くといわれている食べ物は生姜です。生姜は血行促進と殺菌作用という2つの効果を兼ね備え
ています。生姜に入っている成分、ジンゲロールやショウガオールが、体を芯から温め、殺菌してくれます。のどに痛みがあるときの心強い味方です。

風邪薬はのどの炎症を抑えてくれるものを!

風邪薬を購入するなら、のどの炎症を抑えてくれるものが効果的です。のどに直接ふきかけるスプレータイプのものは、直接患部に届き、働きかけるのでおすすめです。

喉に痛みが生じたら、早めに対策を講じよう!

喉に痛みが生じたら、早めに喉の乾燥を防ぎ、殺菌することが大切です。早めに対処することで、喉の痛みがあっという間にひいていく場合があるからです。風邪薬を使うか迷う程度の軽い症状なら、これらの方法を試してみましょう。気軽にできる方法なので、ぜひ試してみましょう。