お風呂掃除を極める!(6)天井と換気扇の掃除にはコツがあった

<![CDATA[お風呂をピカピカにそうじ中のイラスト

はじめに

時短家事のためには、一度お風呂を徹底的にキレイにしてしまおう!という企画の6回目は、いよいよ天井にチャレンジです。

お風呂掃除は面倒

天井と換気扇の掃除は非常に掃除しにくい場所ですね。
気にはなるけど手をつけられずにいる人も多いのではないでしょうか。
自分より高い場所の掃除は肩も凝るし、首も痛いし大変ですが、掃除した後の爽快感はたまりません。スッキリとした気持ちで入浴できるように、天井と換気扇の汚れを落としてみましょう。

シリーズ目次

[KPS ofuro]

天井と換気扇の掃除

天井の掃除

天井の掃除で厄介なのは、洗剤をつけると下にしずくが落ちるということですね。頭の上や服の上にかかってはたまりません!
そうした事態を避けるためのポイントです。

  • 洗剤は天井に直接吹きかけない
  • 柄のついたスポンジになどに洗剤をつけてから磨く

軽めの汚れであれば、使用する洗剤は重曹水がしずくが落ちても安心なのでおすすめです。

重曹水の作り方

重曹水は、洗浄効果の他に研磨効果、消臭効果も期待できます。
作り方です。

  • 水1リットルに対し、重曹大さじ4

この重曹水を柄のついたスポンジにつけて天井を磨いていきます。

重曹水で落ちないひどい汚れ

重曹水でも汚れが落ちない場合は、塩素系漂白剤を使用します。
塩素系漂白剤も直接、天井に吹きかけるのではなく、柄のついたスポンジに含ませて天井を磨くようにします。
塩素系漂白剤はしずくが落ちて目などに入ると大変危険です。
取り扱いには十分に注意し、汚れが気になる部分にだけ使用するようにしましょう。また、使用中は換気をお忘れなく!

換気扇の掃除

お風呂の換気扇は内側まで掃除をしない人も多いと思います。
が、内側に埃がたまると湿気がうまく排出されず、カビができやすくなるんです。
換気扇は、外側を軽く拭くだけでなく、内側まで掃除をした方が衛生的です。
機種によっては中まで掃除が難しい換気扇もあるので、その場合は無理せずに業者に頼むことをおすすめします。

換気扇の掃除の手順

  • 化粧カバーを外し、シロッコファン(換気扇の羽の部分)を外す
  • 化粧カバーとシロッコファンを中性洗剤や重曹水などで洗う
  • 化粧カバーとシロッコファンを元通りに組み立て

万が一、化粧カバーとシロッコファンにカビが出来ている場合は、塩素系漂白剤で拭き取りましょう。

おわりに

天井の掃除も換気扇の掃除も根気のいる作業ですが、半年に一度は意識して掃除に取り組むことで衛生的に入浴することができます。
天井にカビると、胞子が上から落ちてくることになり、健康にも良くありません。
頑張って掃除に取り組んでみましょう!
読んでいただいてありがとうございました。
ではハッピーな1日を!
]]>