時短家事:圧力鍋の導入。調理の時間を工夫して、家事がぐっと楽しくなる!

家事の時短については、さまざまな場面で、ちょっとずつでも工夫して時短していくことが大事ですね。家事は膨大にあるものなので…それぞれについてちょっとずつ時短することが、結果的に積もり積もって1日の中での時短につながるはずです。

キッチンの「動線」について考えてみる

家事の時短のコツは動線の改善!「この作業やりにくいな」というちょっとひっかることを、ひとつずつチェックして、自分がやりやすいように動線を良く改善していくことで、積もり積もって、結果的に大きな時短につながっていきます。 一旦立ち止まって、どこに何を置いたら一番スムースに動けるか検討してみましょう。

でも、どうしても時間がかかる家事ってありますよね。

毎食の調理時間。時間のかかる家事ですけども、 家族に美味しいものを食べてもらおう、自分はこれが食べたい、作りたい!という料理を楽しむ時間でもありたいですよね。 かといって一日3回、時間を大きくとってしまいすぎると、他の家事をする時間や余裕がなくなってしまいます。

そこで時短グッズ登場

調理の家事を時短するピックアップアイテムとして「圧力鍋」の利用がおすすめです。これを使うと、あっという間に時間のかかる料理も出来あがりますし、なによりもその美味しさといったら、驚くばかりです。時短というよりもタイムマシンですよ(笑)

圧力鍋は使うのが難しい?

圧力鍋は使ったことのない人にとっては、少しとっつきにくいイメージがあるかもしれません。 蒸気が勢いよく出るのでちょっと怖そう!…と、感じた方もきっといるでしょう。というか私も最初はそうでした。

基本は普通のお鍋と同じ

圧力鍋も普通のお鍋と基本は一緒です。使い方をしっかりと説明書で把握し、お手入れの仕方も間違いなくしていれば、難しいことはありませんよ。お鍋をひっくり返したり、熱い部分に触らなければ、怖いことはありません。これは普通のお鍋でも同じ注意点ですものね。

鍋の形をしたタイムマシン笑

圧力鍋では、普通は1時間煮込まなくてはいけないスネ肉とジャガイモとたまねぎ、にんじんなどのシチューを作ると、たった15分程度ですべて完成します。実際に煮込んでいる時間はほんの5分くらいです。 圧力鍋にかける前に、食材をカットし投入、加圧し、火を消して、冷めるまで放っておく。その間に、お味噌汁を作ったり、お箸やスプーンを並べ、サラダを盛り付け。本当に20分以内で食事の用意が完了しちゃいます。おまけにスネ肉はほろほろに柔らかくなり、タマネギはとろりととけてシチューの味が本格的になりますよ。

同時進行で時短

同時進行での調理がスムーズに行くと、何品かの料理が同時間に完成するという、手際の良さにもつながり、家事の時短につながります。

まとめ

  • キッチンの動線を改善してみる
  • 神アイテム「圧力鍋」
  • 説明書をよく読むのは必須だけど基本は普通の鍋と同じ
  • 圧力鍋で時短している間に同時進行で別の料理を作って時短+1品プラス!
]]>