小田急の神対応・お忘れ物お引き取り乗車券って知ってる?

お忘れ物お引き取り乗車券の裏面。

やっちまったーー

MBAにミラーレス一眼、広角レンズに資料に…これじゃ仕切り無しメッセンジャーじゃ対応できない!!っと、先日、取材用のカバンを買い替えたのです。
けどこの記事は、買ったその場で中身を入れ替え、空になった旧バッグを電車の網棚に置き忘れた…というエントリーです。

駅の改札を出て忘れ物に気がつく

改札を出てしばらくして、妙に両手がスッキリしていることに気が付きます。「あー!やってしまった!!」網棚にヨドバシカメラの袋に入れたメッセンジャーバッグを置き忘れて電車を降りてしまっていました。幸いなことにバッグの中身は空です。全部新しい方に移しておいて良かった…。

すぐにやったこと

即、町田駅の窓口に行って「○○時に町田についた快速急行に荷物を忘れた」旨を伝えました。係の方が調べてくれて、本厚木ないし小田原で回収できるかもとのことでした。
そのまま時間をつぶして待っていればその場で荷物が見つかったかどうかおしえてくれるので一番早いのですが、まだ業務があるため、いったん帰宅。翌日再度窓口で確認しました。

荷物は小田原に!

たまたま、新百合ケ丘を過ぎたあたりでLINEをしていたため、町田到着の時間がはっきりしていたのと、乗っていた車輌がどのあたりかが大体わかっていたこともあり、無事に荷物は見つかりました…が終点の小田原です!
今日は準備万端、MBAの充電もバッチリなので仕事の企画書を書きながら小田原に向かうことにしました。
当然、運賃はかかりますがそこは仕方ない…と思いきや。

お忘れ物お引き取り乗車券

なんと、運賃は小田急さん持ちなんですね。当然ながら指定区間外を乗車すると料金が普通に発生します。

自動改札は通れないので駅員さんに切符を見せて改札を通ります。思えば昔々の時代は切符を1枚1枚切ってもらってたんですよねー…。
小田原の落とし物窓口は改札の中にあるため、1歩も外に出ることなく、身分証を見せて必要事項を記入し、無事回収と相成りました。

終わりに

小田急さんは神対応ではありますが、忘れ物をしないのが一番ですよね…。
これからの季節忘年会帰りとかご注意を!
読んでいただいてありがとうございます。
ハッピーな1日を!