[コラム]まとめ買いで時短家事

スミカエ犬
読者からの投稿です!

家事の時短を考える

家事が上手で、あっという間に何でもできる人ってうらやましいです。私はそれができないので、今、できることは、今、しておいて、いざという時に備える習慣にしています。そんなわけで、お料理についても、いつの頃からかお料理の下準備はまとめてするようになりました。

お買い物は1週間分の献立に合わせて

お買い物は週に2回、週末と水曜日に行きます。1週間分の献立を考えて、用意します。毎日、今日は何を作ろうと考えなくて済むので、これもまた一つの時短だと私は思っています!

そして、お肉であれば、ひき肉なら炒めておき、お肉は茹でておくこともあれば、焼いておくこともあります。お野菜は根菜類は基本的に下茹でしておきます。これだけで、お料理を食べる時にする作業は基本的にご飯を炊いている間で済むようになりました。

ゴミの出し方を工夫して自分の時間を作る

私が住んでいる地域は、月/木がゴミの日なのですが、その前日に生ごみが集中して出るようにお買い物の日を決めています。こうしておくとゴミの臭い対策などをあまりしなくて良くなりました。この方法をとる前は、毎日、スーパーの袋いっぱい、何かしら、ゴミが出ていました。たったそれだけのことですが、家事が楽になったり、時短できているなと感じます。

あえて毎日スーパーには行かない

スーパーに行くと、余計なものを買ってしまいますよね。格安のお野菜、甘いもの…誘惑は色々あります。そんなこんなで、毎日、スーパーに行くのを止めたら、家事にかける時間も、家計も、そして体型も(笑)全てがスマートになりました。良いこと尽くしです。

週に二回にする理由とは!?

ちなみに、スーパーに行くのが週に2回というのには、理由があって、日持ちがしないものや、生から調理した方が美味しい料理は、お買い物の日に作っています。

時短料理でも家族の苦情が来たら意味ないです

例えば、お刺身や焼き魚、餃子やハンバーグなどを買い物に行った日に作ります。餃子やハンバーグは作り置きも可能かと思いますが、手を使って作った料理は保存に向かないような気がしています。週に2日くらいは、作り置きではないものを出すから、時短料理でも家族からも苦情が出ずに済んでいるのではないかと思っています。

まとめ

時短家事を上手くするコツは、使う物を工夫して楽をするか、どこかで手間をまとめてかけるかではないかと思います。なぜなら、一日のうちにすべき家事は決まっているからです。時短したいからといって、すべき家事をしなければ、家は乱れます。やはりそれは避けるべきだと思います。何はともあれ、色々工夫を重ねて、家事は時短で済ませてしまいたいです。