[この業者はオススメできない]引っ越し業者の選び方!

引っ越し業者はどこにする?

私は結婚してから夫の仕事上、何度も引っ越しを重ねてきました。そんな経験を通して、引っ越し業者をいくつか使って感じたことを、そのままお伝えしたいと思います。実際に引っ越しをすると、ネットで見ている情報とは違い、いろんな情報を業者の方から耳にすることができます。そういった情報もこちらに載せていくので見てみてください。あくまで私の個人的な感想であり、人によっては捉え方が違うと思うので、その点はご容赦ください。

安い引っ越し業者は運送業者と同じレベルなことが多い

いきなりですが、安い引っ越し業者と運送業者はそこまでレベルは変わらないと感じました。引っ越し業者も運送業者もそこまで物の扱い方に差を感じることはなかったからです。荷物が壊れる頻度も同じレベルです。プラスチックの衣装ケースなどは、いつも引っ越しで壊れやすい物の一つですが、引っ越し業者を利用したから壊れないのかというと、そういったことはなく、結局は壊れていました。

引っ越し業者と運送業者の違いを強いて言えば、引っ越し業者の場合だと、高い物が壊れた場合、別途、保険が掛けられるといったことでしょうか。高級品にあふれているお家なら、引っ越し業者を選択した方が保険にしっかりと入れるので安心かもしれません。

ふみ
正直に言っちゃうと、日本通運、クロネコヤマトあたりはあまり良い思いしてないんですよねー。
スミカエ犬
引っ越し屋さんのマークが面白いとつい見積もりを出したくなる傾向にありますw

引っ越し業者から聞いた諸事情!

引っ越し業者はどの会社であっても、しっかりと社員教育はされていると思います。ですが、引っ越しを通して感じたことは、自分の荷物を運ぶのは社員さんだけではないという現実でした。いわゆる、バイトの人にお任せしているようです。

3月末から4月の初めの繁忙期はバイトの人を雇い、忙しい時期を回しているという業者が多いようです。だから、業者によっては、やっつけ仕事で物をそこまで丁寧に扱っていない業者も多く存在します。いくら社員さんがプロとして物を丁寧に扱っても、バイトの人もそうかといえば違いますし。バイトの人は所詮、素人なので、その辺のお兄さんに引っ越しを手伝ってもらっているという感覚でいた方がよいと思います。

安物運ぶなら運送業者で十分!高級品なら、アート引越センターがおすすめ

何社か引っ越し業者を利用して感じた、私の率直な結論なのですが、安物を運ぶのなら、運送業者で十分だということです。我が家のように、安物家具に囲まれて生活している庶民には運送業者が一番適しているように思います。運送業者は引っ越し業者と比べて、かなり金額も安く、見積もり金額に10万円くらいの差が出ることもあります。サービス内容は充実していませんが、特に不憫に感じたことはありません。パソコンなどのどうしても壊してほしくないものだけ、自分で丁寧に運べば大丈夫だと思います。

そして、高級品を運ぶのなら、引っ越し金額をけちらずに、迷わず高いと言われる引っ越し業者を選択しましょう。私が利用して、ここはかなり丁寧で素晴らしい業者だなと感じたところは、アート引越センターです。お金は高いですが、本当に丁寧に傷一つつかないように梱包してくれます。一つ一つの作業が丁寧なので、かなり作業時間がかかりますが、信用できる業者だと思います。社員教育もばっちり行われているようで、体育会系な雰囲気で部下を厳しく叱責する場面も何度か見かけました。

大手の引っ越し業者でない方が逆に良いケースも

地元に密着した引っ越し業者の方が良い場合もあります。大手の引っ越し業者と違い、個人で営んでいる会社なので、見積もり金額を値切りやすいのです。大手の引っ越し業者だと、他の引っ越し金額に合わせているからか、そこまで見積もり金額を値切ることができません。また、もともとの見積もり金額の提示も、地元密着の個人の引っ越し業者の方が安かったです。大手の引っ越し業者に比べて8万円くらい安めに見積もってくれました。

また、個人の引っ越し業者を選ぶときは、地元に密着している業者を選んでおいた方が安心です。昔から地元で営業しているような、地元に密着している会社は絶対に変なことはしません。例えば、ないとは思いますが、引っ越し金額を前払いにして、そのお金を持って夜逃げをするなど、そういったトラブルに巻き込まれることも考えられます。そういったケースも考慮して、地元に密着した業者を選んでいた方が安心でしょう。