二人?三人?四人?○人家族だとLDKとDKどっちがいいの?

家族で住むなら、どのくらいの部屋の広さが必要?

家族で住むという場合、どのくらいの部屋の広さが必要なのでしょう。

一人暮らしの場合だと、必要な部屋の広さは狭くても20㎡と言われています。そして、夫婦や恋人同士などの二人暮らしの場合は、40~50㎡の広さが必要だと言われています。また、小さい子供連れの親子で住むのなら、40~50㎡の広さが必要。

ただし、3人以上の小さいお子さんがいる家庭ではかなり厳しい広さかもしれません。一般的に40~50㎡の広さで、ストレスなく住めるのは小さいお子さん2人までといったところでしょう。

家族構成や生活スタイルによって、必要な間取りが変わる

必要な部屋の広さも、その家族構成や生活スタイルなどで、かなり間取りが違ってきます。親子で住むといっても、両親と成人した子供のいる家庭では、成人した子供用に別に一部屋欲しいところですし、小さい子供のいる家庭でも、父親が遅くに仕事から帰宅するなどの事情がある場合、電気の光で子供を起こさないように、寝室用にもう一部屋欲しいところです。

その家庭の事情によって、必要な間取りが違うので、〇人だからこの間取りという考え方に縛られず、自分にあった必要な間取りを探していきましょう。

収納計画も大事なポイント

部屋の間取りを決める上で、大事なのは収納スペースの確保です。アパートなどを決めるとき、見落としがちなのですが、住んでからどのようなところに本棚やタンスなどを配置していくかも見ていかなければなりません。収納スペースを把握しておかないと、生活スペースが狭すぎて後悔することになるかもしれません。

家族の持ち物の量や種類、使用頻度などを考えて、収納スペースをどうしていくべきか考えながら決めてきましょう。

〇人家族なら、どのくらいの間取りがおすすめ?

老夫婦のみの家族の場合は1LDK・若夫婦の場合は2LDK

老夫婦のみの家族の場合は1LDKがおすすめです。あまり広くても移動するのに大変なので、お年寄りにはコンパクトにまとまった部屋の方が好まれます。

これに対し、若夫婦の場合は2LDKがおすすめです。仕事をしている分、それなりに収納スペースも必要ですし、将来的に家族が増えることを見据えて、少し広めに間取りを取っておいたほうが安心です。

両親と小さい子供3人までなら2LDKでいける!

この家族構成の場合、2LDKでも過ごすことができると思います。ただし、子供が3人ともなると、かなり狭くなるかもしれません。子供服やおもちゃなどが増えるので、適度な断捨離をしつつ過ごすことになるでしょう。狭いのはちょっと…というのなら、もう一部屋プラスした3LDKがおすすめです。

両親と成人した子供一人以上の場合

狭くても3LDK以上の間取りが求められます。家族の生活スタイルなども見ながら、ストレスのない間取りを選びましょう。

まとめ

〇人家族だと〇LDKが最適なのか、〇DKが最適なのかを紹介してみましたが、これはあくまでも目安に過ぎません。この間取りを参考に、自分のスタイルに合った間取りを模索してみましょう。また、採光や通風も間取りを決める上で大事なポイントです。快適な生活が送れるように検討してきましょう。