5月といえば?~5月の見逃せない風物詩

5月といえば、暖かな陽気に包まれ、様々な草花が芽生えるときです。寒い東北地方でも、ようやく春の息吹が感じられる季節でもあります。こういう季節はお出かけするのがピッタリな季節です。梅雨の到来を前に、足を伸ばして5月の風物詩を楽しんでみてはいかがでしょう。

5月はお出かけ日和!5月ならではの風物詩を楽しもう

5月といえば、暖かな陽気に包まれ、様々な草花が芽生えるときです。寒い東北地方でも、ようやく春の息吹が感じられる季節でもあります。こういう季節はお出かけするのがピッタリな季節です。梅雨の到来を前に、足を伸ばしして5月の風物詩を楽しんでみてはいかがでしょう。

5月の行事といえば、コレ!

ゴールデンウィーク(4月29日~5月5日まで)

ゴールデンウィークが制定されたのは昭和23年なのだそうです。今年で70年を迎えることになります。結構、昔からあるんですね。働きすぎる国民のために連休をとらせ、さらには経済効果を狙う意味もあって制定されたと言われています。

こどもの日(5月5日)

こどもの日といえば、男の子の健やかな成長を願う日だと思う人が多いかと思います。ですが、この「こどもの日」と男の子の成長を願う「端午の節句」は別物なんです。つまり、「こどもの日」=「端午の節句」の日ではないということ。もともと、「こどもの日」をどこにしようかと国は迷っていて、希望をとって一番多かったのが「5月5日」だったんです。私も端午の節句の別名を「こどもの日」だと勘違いしちゃってましたが、違うんですね。
ちなみに、「こどもの日」とは、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日なのだそうです。(祝日法2条より抜粋)

端午の節句

男の子の健やかな成長を願う日です。奈良時代に期限をもつ古い日本の風習です。こいのぼりを飾ったり、鎧兜を飾って、男の子の成長をお祝いします。

母の日(5月第二日曜日)

母の日はアメリカ発祥のイベントです。日本に入って来たのは大正時代のことのようです。2018年は5月13日(日)となります。

5月が見頃の花といえば、コレ!

5月はたくさんの草花が楽しめる季節です。

  • カーネーション(3~5月)
    ・バラ(5~10月)
    ・藤(4~6月)
    ・シャクヤク(5~6月)
    ・チューリップ(3~5月)
    ・ハイビスカス(5~10月)など

5月に旬を迎える食べ物は、コレ!

5月といえば、海の幸と山の幸、両方が楽しめる季節です。また、旬を迎えるフルーツもいっぱいあります。

【海の幸】

  • さざえ
  • しじみ
  • 初カツオ

秋に旬を迎える戻りカツオに比べ、脂身の少ないあっさりとした味。わさび醤油で頂くのもありですが、このあっさりとした味を活かしてカルパッチョにすると、美味しさ倍増です。

レシピ:初カツオのカルパッチョ

用意するもの レタス、水菜、ミニトマト、初カツオ、イタリアンドレッシング
1. レタスを一口サイズにちぎり、水菜・ミニトマトも食べやすい長さにカットします。
1. ボールにレタス・水菜を入れて、その中にイタリアンドレッシングを投入。よくかきまぜます。
1. お皿にレタス・水菜を盛り付け、その後、ミニトマト、初かつおを見栄えよく盛り付けます。
1. 最後にミニトマト・初カツオにイタリアンドレッシングを少しかけて完成。

【山の幸】

  • わらび
  • アスパラガス
  • たけのこ
  • こしあぶら

こしあぶらは、名前の「あぶら」から想像がつくように、油味のある山菜です。あっさりとした味の山菜が多い中、油があってコクが感じられる山菜です。若者にもウケそうな味をしています。天ぷらにするもよし、混ぜご飯にしてもよしの美味しさです。

レシピ:こしあぶらの混ぜご飯

用意するもの こしあぶら一房、米3合、めんつゆの素
1. ご飯を少し固めに焚き上げます。ご飯3合なら、2、5合の水で炊きあげるがベスト。
1. こしあぶらを水で洗い、汚れを落とし、水を切ります。
1. 沸騰したお湯にこしあぶらをさっとつけます。茹でなくてOK。しゃぶしゃぶのように、さっとお湯につける程度です。
1. こしあぶらを食べやすい大きさにカットします。
1. ご飯にこしあぶら・めんつゆを入れて、よく混ぜます。
1. 味を見ながらめんつゆの量を調節しましょう。めんつゆは、あまり入れすぎない方が美味しいです。これで盛り付ければ完成。

フルーツ

  • さくらんぼ
  • グレープフルーツ
  • 甘夏みかん

5月中の展覧会など

姉妹サイト「モモモサーバー」より。会期や料金等については下記を参照してください。

2018東京 おすすめ展覧会&アートイベントスケジュール

  • 「秘宝・鹿島立御鉾特別公開」(春日大社 桂昌殿・奈良)
  • 「上村松園 <<序の舞>>への系譜」(東京藝術大学大学美術館・上野)
  • 「プラレール博 in TOKYO」(サンシャインシティ・池袋)
  • 「ざんねんないきもの展」(サンシャイン水族館・池袋)
  • 写楽の眼恋する歌麿-浮世絵ベストコレクション-(江戸東京博物館・両国)
  • 「アラビアの道-サウジアラビア王国の至宝」(東京国立博物館 表慶館・上野)
  • 「ルドン-秘密の花園」(三菱一号館美術館・東京)
  • NHKスペシャル関連企画「大江戸」展 (江戸東京博物館・両国)
  • 「ハワイと南の島々展」(東洋文庫ミュージアム・駒込)
  • 「プラド美術館展 ベラスケスの絵画と栄光」(国立西洋美術館・上野公園)
  • 「広重 名所江戸百景」(太田記念美術館・原宿)
  • 「生誕150年 横山大観展」東京国立近代美術館(東京・北の丸公園)
  • 特別展「名作誕生 つながる日本美術」(東京国立博物館 平成館・上野)
  • 「変幻自在!北斎のウォーターワールド」(すみだ北斎美術館・両国)
  • 特別展「人体-神秘への挑戦-」(国立科学博物館・上野公園)
  • 企画展「沖縄の旧石器時代が熱い!」(国立科学博物館・東京・上野公園)
  • 創刊50周年記念 少年ジャンプ展 Vol.2 1990年代、発行部数653万部の衝撃(森アーツセンターギャラリー・六本木)
  • 「ヌード − 英国テート・コレクションより」(横浜美術館・みなとみらい)
  • 「セーラー服と女学生」(弥生美術館・根津)
  • 「くまのパディントン展」(渋谷・Bunkamura ザ・ミュージアム)
  • 「プーシキン美術館展」(東京都美術館・上野)
  • 「ターナー 風景の詩」(損保ジャパン日本興亜美術館・新宿)
  • 「聖域 御本殿を飾る美術」(春日大社 国宝殿・奈良)
  • 「ルーブル美術館展 肖像芸術ー人は人をどう表現してきたか」(国立新美術館・六本木)