梅雨の時期はくつがクサイ!家庭でできる手軽で簡単!消臭方法

梅雨の時期は特にニオイがきつくなる

「わーい!水たまりだ~!」
バッシャーン!
あーあ、またくつが濡れちゃった。
…くつが臭くなる前に、何とかしないと。

雨の日のくつの臭いは半端ありません。なんせ、雨が降っていない日でも、私たちは1日両足で200ml(コップ1杯分)の汗をかいているのですから。この湿気でジトジトした、くつの中に、さらに雨水が侵入したら、ひとたまりもありません。ニオイがきつくて倒れそうです。

ニオイの原因はくつに住み着いた雑菌

それにしても、くつが濡れると臭くなるのは、なぜ?
それは、くつの内部に住み着いた雑菌が大繁殖している最中だから。

じゃあ、くつに雑菌が住みつかないようにすればいいじゃん!と思いますが、人間の足の裏からは、水分だけでなく、雑菌のエサとなる皮脂が分泌されているので、それは難しい話です。人間は足裏から汗をかく限り、雑菌から逃れることはできません。

だから、ニオイを消すには、こまめに雑菌を撃退していく他ないのです。

除湿と除菌でニオイを撃退!

くつのニオイを撃退するのは、ズバリ、除湿と除菌です!

この2つさえ、しっかりとできていれば、ニオイは撃退できます。また、ニオイは放置しておくと、くつにニオイが染み込むので、すぐに処置するように心がけましょう。

それでは、毎日行っても苦にならない、お手軽で簡単な消臭方法を紹介していきます。

一番の手っ取り早くて、効果的な方法はくつを洗うこと

一番、効果的に消臭できる方法は、くつを洗うことです。くつを洗えば、汚れも落ちて、雑菌のエサとなる、皮脂や角質をしっかりと落とすことができます。

しかし、毎日、くつを洗ってしまうと、くつが傷んでしまいます。それに洗えないくつもあるので、そういった場合はどうすればよいのでしょう。

毎日、家庭でできるお手軽!簡単!消臭方法

くつを洗わずに消臭するときは、以下の方法をお試しください。

ドライヤーで乾かす

くつが濡れたら、なるべく早いうちにドライヤーで乾かしましょう。熱でくつの素材が傷まないように注意しながら乾かします。くつの中に温風を当てれば、短時間で乾かすことができます。

中敷きを交換する

中敷きが外せるのなら、中敷きを交換しましょう。濡れたくつに中敷きがあるのなら、外してから乾かすと、さらに短時間で乾かすことができます。また、靴が濡れていなくても、毎日、中敷きを交換すると、くつのニオイが抑えられます。使用した中敷きは干すか、ニオイがきつければ洗うようにしましょう。

キッチンペーパーを敷き詰める

くつの中にキッチンペーパーを敷き詰めると、水分を吸収してくれます。少し濡れた程度であれば、この処置で大丈夫です。また、新聞紙を使うよりもキッチンペーパーの方が断然、水分の吸収率がよいのでおすすめです。クシャクシャに丸めて使いましょう。

除菌スプレー

除菌スプレーをかけると、グッとニオイがなくなります。ニオイの原因である雑菌を除菌してくれるので当然といえば当然です。

個人的に…10円玉を入れる方法は効果なし

くつの消臭方法に、10円玉をくつの中に敷き詰めるというものがありますが、あまり効果はないように思います。お茶の葉も同様に期待するほどの効果はありませんでした。私が試してみて良かった方法だけを載せてみたので、みなさんも、自分に合った消臭方法を見つけてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

二児の子供を持つママさんライター。日頃の生活で感じた疑問をとことん追求するのが大好き。面白いと感じたことを記事にするのが生きがいになっている。