[WordPress] 突然AMPエラーが多発した時の対処法

Google Serch Consoleから大量のAMPエラーが!

姉妹サイト「モモモサーバー」の方で400近いAMP関連のエラーが発生、なんとか修正したのでメモがてらアップします。

数日前…

https://momomon.club/ で無効な AMP ページが大幅に増加していることが Googlebot により判明しました。AMP の実装方法が変わったことが原因として考えられます。無効な AMP ページは Google 検索で AMP ページとして AMP 関連機能と共に表示されません。以下のレポートにはエラーが発生しているページの例が記載されています。

「AMP の実装方法が変わった」つまりサイト側で何かしらGoogleの基準に外れるような更新をしてしまったということが原因だろうとのこと…。

検証してみると380ものエラーがw

ともかくSerch Consoleをチェックしてみると、

  1. タグ「link rel=stylesheet for fonts」の親HTMLタグ「noscript」が正しくありません。

  2. カスタムJavaScriptは使用できません。

両方で190づつ、合計192のエラー。笑えてくる。これだけのページがAMPエラーのためにGoogle検索から外されてしまうというのはヤバ過ぎる…。

サイトでのAMPの出力方法

「モモモサーバー」に限らず「フードフェス東京」、この「スミカエシヨウヨ」もWordpressテーマはStork。AMP表示のための仕組みは搭載されていないため、プラグイン「Accelerated Mobile Pages for WordPress」(無料版)を使用している。

となるとAMP for WPが怪しいはず?

プラグイン経由でAMPを生成している以上、まず疑うべきはAMP for WP。Serch Consoleでソースを確認する限り、ホワイトリストのはずのGooglefontのAPIに対してno scriptを吐き出しているが直接の原因らしい。

ていうか、そんな設定AMP for WPにないよね?

整理

闇雲にいじりまわしたりしてもサイトを壊すだけなので整理。

  • 3サイトとも基本的に同じ条件(仕組み)で動作させている
  • 問題があるのは(今のところ)「モモモサーバー」のみ
  • 「モモモサーバー」も今まではエラーが発生していなかった。

AMP for WPのバージョンアップ、またはGoogleの仕様変更で発生したエラーであれば3サイト全部エラーになるハズ。

てことは「モモモサーバー」だけに導入している仕組みが悪さをしてるということになる…。プラグインか独自にWordpressを改造している箇所か。

結局プラグインだった!

プラグインの方にヤマをはることにしたところ、これで正解だった。1個づつプラグインを停止してはAMPテストを行うという、なんとも泥臭いやりかたを試していったところ「WP Fastest Cache」の有料版が原因だった。AMPが生成される際に無用な書き込みを行っていたようである。お金を払ってエラーを買っている状態、ではあるが、アンプページの場合はキャッシュ生成の対象としないように設定することで見事にAMPテストを通過した。

なお、無料版モードではこの不具合は発生しないというなんか変な状態。

ここ数日AMPからのアクセスが極端に減ってしまったのだけども、修正報告を提出したしもう大丈夫と思う。

まとめ ワードプレスでAMPのエラーが大量に出たとき

  • まずは落ち着く
  • エラーの出ているURLとソースの内容を確認
  • 同じAMPでもエラーがないものもあるのか確認
  • 正常に動いているものとどう違うのかを検討
  • プラグインを1個1個外して検証してみる
  • 独自に改造している場所をモトに戻してみる

検証用のローカル環境もあった方が良いですが、AMPとかは実機確認してなんぼなのでなかなかやりづらいですよね…。

人気の記事