車好きが興奮できる映画3選!

車好きが興奮できる映画3選!

車好きな人が楽しめる映画を選んでみました。ドライブテクニックが満載の映画や見ごたえのあるカーチェイスを繰り広げる映画など、車好きを興奮させてくれる映画ばかりです。「車でひとっ走りしたい!でも今日は天気が悪くて走れない…。」というときにおすすめ。たまには家で大人しく映画鑑賞してみては。まるで車に乗っているときのような臨場感あふれるドライブテクニックを肌で感じられるはず…!?

「頭文字(イニシャル)Ⅾ THE MOVIE」

「頭文字(イニシャル)Ⅾ」の実写版!雰囲気ぴったりの俳優陣!

漫画「頭文字(イニシャル)Ⅾ」の実写版映画です。漫画も読みましたが、映画に起用されている俳優さん達はキャラクターそのものでした。でも起用されている俳優さん達は残念ながら台湾人がほとんど。唯一、茂木なつき役に日本人の鈴木杏が出演しているようで…。でも見ているうちにそんなキャストのことなど忘れてしまいます。主人公・藤原拓海(ふじわらたくみ)の凄すぎるドライブテクニック!「藤原豆腐店(自家用)」と書かれたハチロクが、次々にランエボやGT-Rを追い抜く様。しっかりと原作通り、再現されていると思います。ムキになってバトルに挑む半分ヤンキーチックな走り屋たちと「ただの豆腐の宅配で~す」とひょいひょいと追い抜いて走り去る拓海のクールな感じが良かった!

見ごたえのあるバトルが展開!

漫画でも拓海は走り屋たちに目をつけられてしまいますが、映画でも同じ展開です。早朝の豆腐の宅配を早く終わらせたい拓海は、通り道の峠を猛スピードで通っていきますが、それが走り屋たちの目にとまってしまい、次々とバトルを申し込まれます。バトル時は、コーナーを曲がるときの、あのタイヤを溝に落とすテクニックも再現。コーナーを攻めるときの、あの狭い道路を「追い抜くか!?」「いや、まだか!?」とハラハラしてからの、ハチロクが追い抜いていく様がしびれます。

TAXi

冴えない刑事&スピード狂のタクシードライバーのおもしろコンビ

簡単に説明すると、スピード狂のタクシードライバー・ダニエルと冴えない刑事・エミリアンが凶悪強盗団を追い詰める映画。冴えない刑事・エミリアンは、本当に冴えないどうしようもない奴。スピード狂でドライブセンス抜群のダニエルに目をつけて、凶悪強盗団を捕まえようと画策します。強盗団を追う間、エミリアンのヘマで危ない目に遭いますが、ダニエルの機転や知識で、最後はバッチリと決めてくれます。カーチェイスもハラハラしますが、エミリアンがヘマをしないかも最後までハラハラです。

見ごたえのあるカーチェイス!凶悪強盗を罠にかける

カーチェイスで凶悪強盗団をある地点までおびき寄せて捕まえるという作戦を練った二人。ダニエルが凶悪強盗団を挑発すると、凶悪強盗団はダニエルの挑発にのってきます。その後のカーチェイスは見事!CGなしのカーチェイスだそう。行き止まりの地点で凶悪強盗団を落下寸前まで追い詰める映像は圧巻です。

60セカンズ

4日以内に超高級車を50台!盗難できなきゃ殺される!

主人公はニコラス・ケイジ扮するメンフィス。メンフィスは60秒以内にどんな超高級車も盗難してしまう凄腕の泥棒。一度は足を洗ったものの、弟が闇の窃盗組織と関係してしまうことで、再び盗みの世界に舞い戻ることに。闇の組織のリーダーに4日以内に超高級車を集めなければ、弟を殺すと脅されます。でも、まさかまさかの展開に…。映画だからきっと50台集めるのだろうと思っていたら、予想と反する展開に。最後までどうなるのか分からない映画です。

ヘリも追いつけぬ見事なカーチェイス!&超高級車たち

この映画の見どころは、ストーリーもさることながら、カーチェイスと超高級車たちです。なかなかお目にかかれない50台の超高級車たちが次々と登場。その超高級車で、街中を走って、走って、走り抜きます。ヘリも追いつけぬスピードでカーチェイスを繰り広げ、ヘリやパトカーを撒くところは車好きな人にはたまらないかもしれません。

今回紹介した映画